Win10のディスクアクセスが止まらない・重い時の対処方法 : Windows Defenderのリアルタイム保護のみを常に無効化する方法

Windows Defenderのリアルタイム保護はディスクのアクセス性能を大幅に低下させます。 Win10のディスクアクセスが止まらない・重いと感じたときは、Windows Defenderの設定を見直します。 管理されたファイルのみを扱う場合は、リアルタイム保護のみ無効化したり、大容量のファイルを格納するドライブのみを対象外に設定するだけで性能向上が見込めます。

一時的にリアルタイム保護を無効化する

一時的にリアルタイム保護を無効にできます。 大量にファイルアクセスを行うプログラムを動作させるときは、これを行うと効果があります。 しかしこの設定は、パソコンを再起動すると元に戻ってしまいます。
PC [設定]-[更新とセキュリティ]-[Windows セキュリティ]-[Windows Defenderセキュリティセンターを開きます]をクリックします。 つづいてWindows Defenderセキュリティセンター画面で、[ウィルスと脅威の防止]-[ウィルスと脅威の防止の設定]-[リアルタイム保護] をOFFにします。

特定のフォルダをスキャン対象外に設定する

ネットワークドライブに割り当てたNASのフォルダなど、大容量のファイルを大量に格納するフォルダに対して設定すると効果があります。 ただし、これを設定するとそのフォルダに格納したファイルのセキュリティスキャンが行われなくなります。 ファイルは対象フォルダに格納する前に手動でスキャンしておくなどの防護策を取ってください。
PC Windows10の[設定]-[更新とセキュリティ]-[Windows セキュリティ]画面を開き[Windows Defenderセキュリティセンターを開きます]をクリックします。 つづいてWindows Defenderセキュリティセンター画面で、[ウイルスと驚異の防止]-[ウイルスと驚異の防止の設定]-[除外の追加または削除]をクリックします。 ここで表示される「除外」画面で「+ 除外の追加」をクリックして、スキャン対象外にしたいフォルダを指定すればOKです。

リアルタイム保護のみを常に無効化する

PC Windows Defenderのリアルタイム保護のみを常に無効化するには「ローカルグループポリシーエディター」から指定します。 まずスタートボタンの右にある「検索」ボタンをクリックし、「gpedit.msc」と入力します。
PC 「ローカルグループポリシーエディター」が起動するので [コンピューターの構成]-[管理用テンプレート]-[Windowsコンポーネント]-[Windows Defenderウイルス対策]-[リアルタイム保護] を選択します。 つづいて右画面で「リアルタイム保護を無効にする」をクリックし「ポリシー設定」をクリックします。
PC 「無効」を選択し、右下の「適用」をクリックすれば設定完了です。