Bebop Droneのセットアップ

ここでは2014年11月に発売されたBebop Droneの初期設定を説明していきます。

アプリのインストール

まずはApp Storeから、Bebop Drone制御用の無料オフィシャルアプリ:FreeFlight Proをダウンロードして、コントロールに使うiPod/iPad/iPhoneにインストールしましょう。
  • FreeFlight Pro

    w/SkyController

    Parrot SA エンターテインメント 無料

    Parrot Bebop、 Bebop 2、Disco の操縦ができる無料アプリです。 FreeFlight Proのタッチ制御なら、初心者でも上級者でもParrot ドローンの操縦が誰でも簡単にできるようになります。アプリのインタフェースは各個人の技術レベルに合わせてカスタマイズすることができます。より正確な操縦性を求める方は、Parrot Skycontroller 2 とスマートフォンまたはタブレットを接続してください。

Bebop Droneハードウェアの準備

Bebop Drone Bebop Droneの化粧箱です。後ろに置いたAR.Drone 2.0の箱と比べるとぐっと小さくなっているのがわかります。 下のiPad/iPhoneとの比較で大きさが分かるでしょうか?
Bebop Drone 開封
箱を開けるとこのように入っています。 バッテリは2つ。プロペラも2セット(予備が1セット4枚)ついています。
本体同梱のマニュアルはあまり詳しくありません。 Parrot社のホームページでは、ユーザーガイドがダウンロード出来たり、FAQが読める「サポート」のページを公開しています。 より詳しいことが知りたい場合はBebop Drone サポート(Parrot)を参照してください。
Bebop Drone バッテリの充電
開封したら最初に行うことはバッテリの充電です。 写真の様にACアダプタにバッテリ本体を接続して、コンセントに差し込みます。 約1時間でランプが緑色に変り、充電が完了します。
もし充電器のランプが赤色で点滅する場合は、バッテリーが劣化しているか内蔵マイコンが狂っている可能性があります。 ドローンのバッテリーを長持ち・復活させるのページに従って対策してみてください。
あわせてコントロールに使うiPod/iPad/iPhoneもフル充電しておきましょう。 iPod/iPad/iPhoneのバッテリが減っていると操作に支障が出ることがあります。
Bebop Drone バッテリの搭載
本体上部から飛び出している黒いひもを引っ張ると、バッテリ接続用のコネクタが出てきます。 ここにバッテリを接続し、ベルクロのバンドで固定します。 本体のベルクロバンド通し穴が細いので、無理にベルクロバンドを引っ張って破損しないよう、丁寧に搭載してください。
バッテリは1個で約11分間の飛行が可能です。 電動ラジコンヘリとしては飛行時間が長い方ですが、11分はあっという間です。 予備のバッテリ を買っておくことをお勧めします。 なお、仕様(電圧)とコネクタ形状が同じなので、AR.Droneシリーズのバッテリも使用可能ですが、容量が小さく形が異なるので、飛行中のバランスがよくありません。
なお、複数のバッテリを連続して充電するときは、一旦ACアダプタをコンセントから外してからバッテリを付け替えましょう。
Bebop Drone Bebop Droneの起動
それではBebop Droneを起動しましょう。Bebop Droneの本体後部に電源ボタンがあります。 一回プッシュすると4つのプロペラがブルッと震え、LEDがグリーンに点灯して起動します。
また本体前面にはカメラを保護するレンズカバーがついています。これも取り外しましょう。
屋内でフライトするときはハルも取り付けましょう、プロペラの根元に差し込むだけでOKです。
なお、電源OFFするときも電源ボタンをプッシュするだけです。
Bebop Drone ハルとプロペラは簡単に取り外し可能。 バックパックにはもちろん、 A4サイズのワンショルダーバッグにも入り、どこへでも連れて行けます。
(写真のバッグは B.C.+ISHUTAL ケーテンボディ。 プロペラはつけたままでも入れることができます。 )
Parrot社による開封の紹介ビデオ

YouTubeの大画面で見る

iPod/iPad/iPhoneとの接続

ハードウェアの準備ができたら、Bebop DroneとiPod/iPad/iPhoneを無線LANで接続します。 なお、iPhoneシリーズよりiPadシリーズのほうがWi-Fiのつながる距離が長いので、iPadシリーズをお持ちの方は、そちらを使うことをお勧めします。
iPhone iPod/iPad/iPhoneとBebop DroneはWi-Fi(無線LAN)のアドホックモードで接続します。 Bebop Droneが無線LANのアクセスポイントになる感じです。 このため屋外で飛行させるときも、ルーターなどは必要ありません。
操縦中に電話やSMSを受信してコントロールを失わないように、iPhoneは 設定-[機内モード]メニューを タッチパネル:ON(オン)にします。
Bebop Drone 次に設定-[Wi-Fi]-[Wi-Fi]メニューを タッチパネル:ON(オン)にします。 すると「BebopDrone_xxxxxx」というアクセスポイント(Bebop Drone本体)が見つかるので、これをタップします。 特にパスワードも必要なく接続されます。
なお、Bebop Drone起動直後はWi-Fi接続でエラーとなることがあります。 こんな時はしばらく時間をおいて再度接続してみてください。 Bebop Droneのファンの音が聞こえてきたら、そのあとで接続可能となります。
Bebop Drone用アプリは、このほかにもいくつか公開されています。 Bebop Drone / AR.Drone用アプリのいろいろのページをご覧ください。
Bebop Drone 無事iPod/iPad/iPhoneとBebop Droneが繋がったら、ホーム画面から をタップして、FreeFlight Proアプリを起動しましょう。 するとこのようにアプリにBebop Droneの名前が表示されます。
「飛行&撮影」と書かれたところの右下矢印をタップするとフライトを開始できます。
Bebop Drone 上の画面でBebop Droneの名前をタップすると、Bebop Droneの情報を見ることができます。

Wi-Fiがつながらない!?


iPod/iPad/iPhoneとBebop Droneがつながらなかったり、逆にフライトの後、iPod/iPad/iPhoneを自宅のWi-Fiに接続しても「PARROT CLOUD」に接続できなかったりすることがあります。 こんな時は「Appスイッチャー」でFreeFlight Proアプリを終了させた後、 設定-[Wi-Fi]-[Wi-Fi]メニューを一旦OFF->再度ONしたあと、FreeFlight Proアプリを起動しなおします。
Parrot社によるセットアップ紹介ビデオ

YouTubeの大画面で見る

キャリブレーション

Bebop Drone 初めてBebop Droneを起動したときにはキャリブレーションの画面が表示されます。
あるいはBebop Droneの情報画面で「キャリブレーション」をタップします。 「キャリブレーション」をタップすると、磁気センサのキャリブレーションを開始します。 本体を水平な場所に設置し 「FLAT TRIM」をタップすると、水平方向の姿勢制御機能が調整されます。 毎フライトの前に一度行うとよいと思います。
Bebop Drone このような画面になります。 「調整」をタップします。
Bebop Drone 画面に表示されるアニメーションに従って、手でBebop Droneをくるくる回します。 急ぐ必要はありません。ゆっくり回してください。
画面下部の「X軸」「Y軸」「Z軸」のすべてにチェックがつけば完了です。 画面左上の Bebop Drone Back をタップして元の画面に戻ります。

ファームウェアのバージョンアップ

Bebop Drone本体のファームウェア(制御プログラム)は常にバージョンアップされています。 時々は最新ファームウェアが公開されていないかチェックしましょう。 Bebop Droneのバージョンアップ方法については下記をご覧ください。

Bebop Droneの飛ばし方

準備ができたら初飛行しましょう。 Bebop Droneの飛ばし方については下記をご覧ください。
  • Parrot Bebop 2 Drone

    Parrot 2015/12/14 67,500円

    高性能モーターと大型化したプロペラにより18秒で高度100mに到達。64.82km/hで飛行可能です。 またバッテリは従来の1,200 mAhから2,700 mAhに増量。これにより飛行時間が25分にまで拡大します。 その他の変更点はカメラのレンズカバーのデザイン程度。ビデオ撮影はこれまでどおり1080pで搭載メモリ容量も8GBのまま、操作もFreeFlight Proアプリを使います。

    (iPad/iPad mini/iPhone/iPod touch用)

    Amazon.co.jpで買う 楽天で買う アップルストアで買う

    商品バラエティ

    Power
    Power
    Amazon.co.jpで買う
    FPVセット
    FPVセット
    Amazon.co.jpで買う
    White
    White
    Amazon.co.jpで買う
    Red
    Red
    Amazon.co.jpで買う
    White w/Skycontroller
    White w/Skycontroller
    Amazon.co.jpで買う
    Red w/Skycontroller
    Red w/Skycontroller
    Amazon.co.jpで買う
    White
    White
    Amazon.co.jpで買う
    Red
    Red
    Amazon.co.jpで買う
    White w/Skycontroller
    White w/Skycontroller
    Amazon.co.jpで買う
    Red w/Skycontroller
    Red w/Skycontroller
    Amazon.co.jpで買う

  • Parrot BeBop Drone

    Bebop Drone

    Parrot 単体約70,900円/Extended Range Pack約130,900円

    レジャー用ドローンとして、かつてない性能を実現。グラスファイバーで補強されたABS製の超軽量なBebop Droneは丈夫で安全な設計です。 3軸加速度計、3軸ジャイロ、3軸磁力計、超音波高度センサー、圧力センサー、対地速度計測用の垂直カメラによるデータから機体を高度に制御。驚くべき飛行安定性を誇ります。 1400万画素の魚眼レンズカメラを搭載し、視野角180度の高品質画像を撮影します。 デジタルジンバルとも言える画像安定技術により、機体の振動や傾きに関係なく、水平を保ったブレのない映像が撮影できます。多くのアクションカメラには水 平線の歪みが見られますが、Parrot Bebop Droneはこの歪みもデジタル技術で補正します。 GPSシステムを内蔵。スマートフォンの画面の地図上で飛行ルートを設定するだけで、ドローンがそのとおりに飛行します。Glonass衛星 からのトラッキングとGNSSチップにより、誤差は+/- 2m。正確に位置を特定します。Parrot Cloudでは350回以上のフライトデータを記録。飛行した高度やスピード、さらに飛行軌跡を3Dで見ることができます。

    (iOS 7以降にアップデートしたiPad/iPad mini/iPhone/iPod touch用)

    Amazon.co.jpで買う 楽天で買う アップルストアで買う

    商品バラエティ

    ブルー
    ブルー
    Amazon.co.jpで買う
    レッド
    レッド
    Amazon.co.jpで買う
    イエロー
    イエロー
    Amazon.co.jpで買う
    w/SkyControllerブルー
    w/SkyControllerブルー
    Amazon.co.jpで買う
    w/SkyControllerレッド
    w/SkyControllerレッド
    Amazon.co.jpで買う
    w/SkyControllerイエロー
    w/SkyControllerイエロー
    Amazon.co.jpで買う
    Blue
    Blue
    Amazon.co.jpで買う
    Red
    Red
    Amazon.co.jpで買う
    Yellow
    Yellow
    Amazon.co.jpで買う
    w/SkyController
    w/SkyController
    Amazon.co.jpで買う
    w/SkyController
    w/SkyController
    Amazon.co.jpで買う
    w/SkyController
    w/SkyController
    Amazon.co.jpで買う

もっと Bebop Drone / AR.Drone のことを知りたい