ドローンの飛行ルール:改正航空法

AR.Drone、Bebop Droneなど重量が200g以上のドローンは、2015年12月10日施行の改正航空法の「無人航空機の飛行ルール」に沿う必要があります。 といっても常識的なことを守ればOKです。 また、Parrot社ではドローンを飛行させる場合の安全上の注意(PDF)というリーフレットを配布しています。

改正航空法に従う必要のあるドローン

対象は重量が200g以上のドローンです。 Parrot社の製品では、 Bebop 2Bebop DroneAR.Drone 2.0、AR.Drone が該当します。 MiniDronesシリーズは対象外です。

守るべきルール

ルールはごく常識的。周囲の安全確保に意識していれば、自然に守れるものばかりです。 このルールを守る限り、特にフライト時に申請などは必要ありません。
  • 日中(日出から日没まで)に飛行させること。
  • 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること。
  • 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること。
  • 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと。
  • 爆発物など危険物を輸送しないこと。
  • 無人航空機から物を投下しないこと。
また、以下の場所は国土交通大臣の許可なしには飛行できません。
  • 空港等の周辺の空域。 東京・成田・中部・関西国際空港及び政令で定める空港においては概ね24km以内、それ以外の空港は概ね6km以内の範囲。
  • 地表又は水面から150m以上の高さの空域。
  • 平成22年の国勢調査の結果による人口集中地区の上空。

飛行許可の申請

上で示した「守るべきルール」を外れた場所・状況で飛行させるときには、飛行開始予定日の少なくとも10日前(土日祝日等を除く。)までに、郵送などで申請書を提出する必要があります。 なお、提出先は条件により2つあり、「空港等の周辺」「150m以上の高さ」で飛ばす場合は空港事務所長へ、それ以外の申請は国土交通大臣(国土交通本省)に提出します。 近日中にインターネットからも電子申請できるようになる見込みです。 詳しくは下記をご覧ください。

米国で飛ばす場合

米国で飛ばす場合には、購入/入手後60日以内、または既存ユーザーは2016年2月19日までにFederal Aviation Administration(連邦航空局)のサイト(米国内のみアクセス可能)で、操縦者一人につき1つの登録番号を取得し、所有しているすべてのドローン本体に掲示しなければなりません。 (現在は米国民のみ登録可能です。) 登録に必要な情報は、操縦者の名前、Eメールアドレス、住所と、一件当たりUSD5.00の登録料のみです。 (現在、登録料の支払いは本人確認のためだけに必要なもので、後日返金されます。) 登録にかかる時間はものの5~10分程度。登録すると「UAS Certificate」と10桁の登録番号が入手できます。 登録番号をドローンに掲示し、「UAS Certificate」は飛行時には身に着けている必要があります(形態は印刷、コピー、デジタル画像データいずれでも可)。 掲示方法は特に指定されておらず、目視で読めるようになっていればどのような方法でも構いません。FAAは、たとえばバッテリ搭載エリア等に記入することを勧めています。 なお、「UAS Certificate」の有効期限は3年です。期限が切れたらUSD5.00の登録料を払って更新/再取得の必要があります。
  • Parrot Bebop 2 Drone

    Parrot 2015/12/14 67,500円

    高性能モーターと大型化したプロペラにより18秒で高度100mに到達。64.82km/hで飛行可能です。 またバッテリは従来の1,200 mAhから2,700 mAhに増量。これにより飛行時間が25分にまで拡大します。 その他の変更点はカメラのレンズカバーのデザイン程度。ビデオ撮影はこれまでどおり1080pで搭載メモリ容量も8GBのまま、操作もFreeFlight Proアプリを使います。

    (iPad/iPad mini/iPhone/iPod touch用)

    Amazon.co.jpで買う 楽天で買う アップルストアで買う

    商品バラエティ

    FPVセット
    FPVセット
    Amazon.co.jpで買う
    White
    White
    Amazon.co.jpで買う
    Red
    Red
    Amazon.co.jpで買う
    White w/Skycontroller
    White w/Skycontroller
    Amazon.co.jpで買う
    Red w/Skycontroller
    Red w/Skycontroller
    Amazon.co.jpで買う
    White
    White
    Amazon.co.jpで買う
    Red
    Red
    Amazon.co.jpで買う
    White w/Skycontroller
    White w/Skycontroller
    Amazon.co.jpで買う
    Red w/Skycontroller
    Red w/Skycontroller
    Amazon.co.jpで買う

  • Parrot BeBop Drone

    w/SkyController

    Parrot 単体約70,900円/Extended Range Pack約130,900円

    レジャー用ドローンとして、かつてない性能を実現。グラスファイバーで補強されたABS製の超軽量なBebop Droneは丈夫で安全な設計です。 3軸加速度計、3軸ジャイロ、3軸磁力計、超音波高度センサー、圧力センサー、対地速度計測用の垂直カメラによるデータから機体を高度に制御。驚くべき飛行安定性を誇ります。 1400万画素の魚眼レンズカメラを搭載し、視野角180度の高品質画像を撮影します。 デジタルジンバルとも言える画像安定技術により、機体の振動や傾きに関係なく、水平を保ったブレのない映像が撮影できます。多くのアクションカメラには水 平線の歪みが見られますが、Parrot Bebop Droneはこの歪みもデジタル技術で補正します。 GPSシステムを内蔵。スマートフォンの画面の地図上で飛行ルートを設定するだけで、ドローンがそのとおりに飛行します。Glonass衛星 からのトラッキングとGNSSチップにより、誤差は+/- 2m。正確に位置を特定します。Parrot Cloudでは350回以上のフライトデータを記録。飛行した高度やスピード、さらに飛行軌跡を3Dで見ることができます。

    (iOS 7以降にアップデートしたiPad/iPad mini/iPhone/iPod touch用)

    Amazon.co.jpで買う 楽天で買う アップルストアで買う

    商品バラエティ

    ブルー
    ブルー
    Amazon.co.jpで買う
    レッド
    レッド
    Amazon.co.jpで買う
    イエロー
    イエロー
    Amazon.co.jpで買う
    w/SkyControllerブルー
    w/SkyControllerブルー
    Amazon.co.jpで買う
    w/SkyControllerレッド
    w/SkyControllerレッド
    Amazon.co.jpで買う
    w/SkyControllerイエロー
    w/SkyControllerイエロー
    Amazon.co.jpで買う
    SkyController単品ブルー
    SkyController単品ブルー
    Amazon.co.jpで買う
    SkyController単品レッド
    SkyController単品レッド
    Amazon.co.jpで買う
    SkyController単品イエロー
    SkyController単品イエロー
    Amazon.co.jpで買う
    Blue
    Blue
    Amazon.co.jpで買う
    Red
    Red
    Amazon.co.jpで買う
    Yellow
    Yellow
    Amazon.co.jpで買う
    w/SkyController
    w/SkyController
    Amazon.co.jpで買う
    w/SkyController
    w/SkyController
    Amazon.co.jpで買う
    w/SkyController
    w/SkyController
    Amazon.co.jpで買う

もっと Bebop Drone / AR.Drone のことを知りたい

Bose SoundSport wireless headphones