Bebop Droneの飛ばし方/FreeFlight Proの使い方

Bebop Droneのセットアップは終了しましたか? ここではセットアップの完了したBebop Droneの初飛行、そして各種設定を説明していきます。
ルールに沿って飛ばしましょう
AR.Drone、Bebop Droneなど重量が200g以上のドローンは改正航空法の「無人航空機の飛行ルール」に沿う必要があります。 といっても常識的なことを守ればOKです。 (Mini dronesは200g以下です。) 詳しくは下記をご覧ください。

Bebop Droneの設定

Bebop Drone Bebop Droneのセットアップは終了しましたか? そしたらBebop Droneにバッテリを接続して起動して下さい。
Bebop Droneが起動したら、iPod/iPad/iPhoneで設定-[Wi-Fi]-[Wi-Fi]メニュー開き、 「BebopDrone_xxxxxx」につなぎます。 そしてホーム画面から FreeFlight Pro をタップして起動しましょう。 そして「飛行&撮影」をタップします。
Bebop Drone するとiPod/iPad/iPhoneの画面がこのように変ります。 画面全体にBebop Droneのフロントカメラで撮影した動画が表示され、これに各種コントロールボタンが重ねて表示されています。
Bebop Droneを広い部屋の中央に水平に置いてください。 風が強い日なら、窓は閉めて風が入らないようにしてください。
iPod/iPad/iPhoneも水平に持ってください。
設定画面
Bebop Drone 画面左上の Bebop Drone Setupをタップすると設定画面になります。 画面左のアイコンを上下にフリックすると、多数の設定項目が現われます。
画面左上の Bebop Drone Backをタップするとフライト画面に戻ります。
最初に現れるのは「FIRST PERSON VIEW」の画面です。 Parrot社のFPVゴーグル:COCKPIT GLASSESを持っているときに、その設定が行えます。
なお、画面右上の Bebop Drone Resetをタップすると工場出荷時の設定にリセットされます。 Bebop Droneに格納したビデオ・写真も削除されます。
操縦設定
Bebop Drone 「パイロットモード」でコントローラーの動作を変えることができます。 「エース」「標準」「ジョイパッド」の3種類の操作方法から選べます。 Bebop Drone change controll をタップするとコントローラーの配置が左右入れ替わります。
エース
左コントローラーのドラッグで上昇下降・旋回を制御。左コントローラーを押しながらiPod/iPad/iPhoneを傾けると前後左右に移動。右コントローラーでカメラの方向を変更。
標準
左コントローラーのドラッグで上昇下降・旋回を制御。右コントローラーを押しながらiPod/iPad/iPhoneを傾けると前後左右に移動。画面を二本指ドラッグでカメラの方向を変更。
ジョイパッド
左コントローラーのドラッグで上昇下降・旋回を制御。右コントローラーのドラッグで前後左右に移動。画面を二本指ドラッグでカメラの方向を変更。
従来のAR.Droneの操縦方法と同じなのが「標準」です。最初は「標準」が使いやすいかもしれません。 以下の説明では「標準」の場合の操作方法を説明します。
その他の設定はそのままで良いでしょう。
Bebop Drone 画面をスクロールすると、さらに設定項目が現れます。 「最大斜度」で、平行移動時のBebop Droneの最大角度を指定します。これが大きいほど、高速で移動できます。 「最大傾斜速度」で、平行移動時のBebop Droneの角度変化の速度を指定します。これが大きいほど、早く加速できます。 「最大垂直速度」で、上昇/下降の速度が変更できます。 「最大回転速度」で、左右回転の速度が変更できます。 「バンクターン」で、 ターンするときの飛行姿勢でバンクを取るか否かを指定します。 「付属品の選択」で、ハルの有無を指定します。 屋内用ハルを使うときは「ハル」を選択します。
見た目にスムーズなビデオ撮影を行いたいときは、最大垂直速度を0.5m/s、最大回転速度25度/s程度に抑え気味にします。 逆にレースなど、スポーティに飛行をしたいときは、最大垂直速度を1.0m/s、最大回転速度100度/s、あるいはそれ以上に設定します。
位置、距離、限度
Bebop Drone 調整」をタップすると、磁気センサのキャリブレーションを開始します。 本体を水平な場所に設置し 「FLAT TRIM」をタップすると、水平方向の姿勢制御機能が調整されます。 毎フライトの前に一度行うとよいと思います。 「最大高度」で、Bebop Droneが到達可能な高度上限を指定します。 「最大距離」で、操縦者からの最大距離を指定します。 「物理的境界」はGeofence(ジオフェンス)使用の有無を指定します。安全のため、有効にしておきましょう。
いずれもSkycontroller使用時は2kmまで電波が届きますが、そうでない場合は、Wi-Fi電波の到達距離を考慮すると、最大50m位までにするのが無難です。
RETURN HOME:出発点に戻る
Bebop Drone 飛行中にRTHアイコンをタップすると、内蔵GPSを使って、Bebop Droneを出発点に戻すことができます。 「GPS信号」には、現在補足しているGPS衛星の電波強度が表示されています。 「接続解除後に・・・」欄で、Bebop DroneとiPod/iPad/iPhoneの無線接続が切断されたときに、自動で離陸地点に帰還し始めるまでの時間を設定できます。
録画パラメータ/イメージ設定
Bebop Drone Bebop Droneでビデオ・写真を撮る時の各種値を設定します。 詳しくはBebop Droneでビデオ・写真を撮る方法のページをご覧ください。
ネットワーク設定
Bebop Drone iPod/iPad/iPhoneとの接続に使用するWi-Fiチャンネルの設定です。
ネットワーク名」欄で、iPod/iPad/iPhoneのWi-Fi画面に現れるBebop Droneのネットワーク名が指定できます。ここの変更結果を反映するには、Bebop Droneの再起動が必要です。 ネットワーク名には、32文字以下の英数字または“_”のみが使用可能です。
位置情報」でフライトする国を選択します。また屋外でフライトするときは「屋外用」をタップします。
Wi-Fiバンド」欄でチャンネルを手動で選択できます。 2.4GHzは電波の到達距離は長いですが混雑しています。5GHzは比較的すいていますが、日本では屋外での使用は禁止されています。 また、古いiPod/iPad/iPhoneは2.4GHzにしか対応していません。
画面下のグラフが周波数ごとの電波の混み具合を示しています。 グラフの濃度が混雑度合いをしめし、グラフが表示されていないところはがら空きであることを示しています。 マニュアルモードにすると、任意のチャンネルに切り替えることができます。
Wi-FiチャンネルはBebop Drone本体でも切り替え可能です。 Bebop Droneが起動した状態で、電源ボタンを約5秒間長押しします。 LEDが一度オレンジになった後グリーンになって、2.4GHz - 5GHzが切り替わります。
なお、iPhoneシリーズよりiPadシリーズのほうがWi-Fiのつながる距離が長いので、iPadシリーズをお持ちの方は、そちらを使うことをお勧めします。 よりWi-Fiを長距離で接続するための設定のヒントが、下記のParrotのサイトで読めます。
機体情報の確認
Bebop Drone ファームウェアのバージョンをはじめ、機体の各種情報を確認したいときは、図の画面でBebop Droneの名前をタップします。
Bebop Drone このように確認できます。

ゲームパッドの使用

Bebop Drone
MFi認証製品のBluetoothゲームパッドを使えば、Bebop 1/2、Minidronesをジョイスティックでコントロールできます。 より直感的に、繊細にコントロールすることができます。 詳しくは下記をご覧ください。

Bebop Droneの初飛行

離陸~ホバリング


それではいよいよ離陸してみましょう。まずは離陸と着陸です。
画面中央下の Bebop Drone take-off ボタンを1回「トン!」とタップしてください。 するとBebop Droneのプロペラが回り離陸します。自動的に約1mの高度でホバリングします。 ホバリング中は何も操作しなくてもその場にとどまろうとしています。 今度は Bebop Drone landing ボタンを1回「トン!」とタップしてください。 今度は下降し、着陸します。プロペラが停止します。


水平移動


今度は空中で水平移動してみましょう。まずは Bebop Drone take-off ボタンをタップしてホバリングさせます。 つづいて画面右のコントローラー中央部を押さえながら、ゆっくりとiPod/iPad/iPhoneを前後または左右に傾けてください。 Bebop Droneも高度と姿勢を保ったまま、前後、または左右に水平移動します。
操作をしくじったと思ったら、すぐに Bebop Drone landing ボタンを1回「トン!」とタップして着陸させてください。
注意: Bebop Droneは超音波高度計を使って、常に地面と一定の高度を保とうとします。 机やいすなど、床から飛びだしたものの上にさしかかると、自動的に上昇して高度を保とうとします。 このときに照明器具や天井にぶつかってしまうことがあるので注意してください。


上昇/下降、旋回


今度は上昇/下降、旋回してみましょう。まずは Bebop Drone take-off ボタンをタップしてホバリングさせます。
つづいて画面左のコントローラー中央部を押さえながら上に、または下にドラッグしてみてください。 Bebop Droneがその場で上昇、または下降します。
画面左のコントローラー中央部を押さえながら左に、または右にドラッグすると、Bebop Droneがその場で旋回します。

じっくり練習して、うまくなったらみんなに飛行テクニックを自慢しましょう。
操縦を終了したら、画面左上の Bebop Drone Back をタップするとメニュー画面に戻れます。


以上でBebop Droneのセットアップから初飛行までの解説は終了です。
Bebop DroneファームウェアもFreeFlight Proアプリもまだ改良が続いており、現在は動作が不安定であったり、マニュアル通りに動作しなかったりします。 今後の改良・バージョンアップに期待です。

Parrot社による操縦方法紹介ビデオ

YouTubeの大画面で見る

飛行テクニック:応用編!?

ここでは私が遭遇した経験を交えて、飛行の注意点を挙げてみます。

高く飛ばすときの注意


ドローンは、設定画面で高度の上限を開放すれば、ただ上昇を指定するだけでぐんぐん上昇していきます。 しかし天候や場所によっては、地上付近と上空で、風向や風速が大きく異なることがあります。 ほんの十数メートルでも、いきなり上昇させると思わぬ風に流されコントロールを失うことがあります。 飛ばし慣れた場所でも、その日の最初のフライトでは、少しずつ高度をとって、上空の風を読みながら飛行させましょう。

気温の高いときの注意


真夏はもちろん、春、秋でも好天で気温が高いときは、暑さでコントロール不能となる可能性があることに注意してください。 ドローン本体よりも、iPod/iPad/iPhoneのほうが直射日光には弱く、気温によっては10分もしないうちにiPod/iPad/iPhoneで高温警告が発生して動作停止してしまいます。 こうなると、その瞬間からコントロール不能となってしまいます。 iPod/iPad/iPhoneを冷やすか、ドローンのバッテリがなくなって落ちてくるのを待ちます。

木のそばには近づかない


緑の多い日本の飛行環境で意外と障害になるのは「木」です。 広い公園でも必ず立木があったりします。 ドローンは木に弱く、突っ込むとまず間違いなくプロペラが引っかかって取れなくなります。 よじ登れる高さならまだしも、10mも20mもある立木のてっぺんに引っかかるとおしまい。 あとは強風にあおられて落ちてくるのを待つしかありません。 「ハル」を装着すると、少しは引っかかる確率を下げられるかもしれません。

取りに行けない場所の上空は飛行させない


人込みや市街地の上はもちろん、川、池、海、森、その他、墜落したら取りに行けない場所、人や物に危害を与える場所の上空は飛行させないのが基本です。 いつモーターが焼切れてプロペラが止まったり、ドローン本体やアプリが暴走してコントロールを失うかもしれません。 私も飛行中に突然iPhoneとのWi-Fi接続が切れ、近くに寄ってもアプリを再起動しても、その後何をしても再接続できなくなったことがありました。 その時はたまたま高度2m位で、しかも公園の真ん中でホバリング中だったので、ドローンのバッテリが切れて落ちてくるのを待つだけで済みましたが・・・

ビデオ・写真の撮影

Bebop Droneを使った空撮ビデオの撮影方法は、 Bebop Droneでビデオ・写真を撮る方法のページで詳しく紹介しています。

アクロバット飛行

Bebop Droneではプリセットされた4方向への宙返り(FLIP)飛行ができます。 これは結構派手なアクションとなります。 高度が低いと地面に激突したり、静止していないときに行うとバランスを崩して予想外の方向に飛んでいくので注意して下さい。 また、AR.Drone用のバッテリで飛行させているとバッテリが外れて大変なことになります。アクロバット飛行を行うときは、Bebop Drone用のバッテリで飛行させてください。
Bebop Drone FreeFlight ProアプリでBebop Droneを操縦しているときに Bebop Drone noflip をタップすると図のような画面になります。
Bebop Drone frontflip :前方回転
Bebop Drone backflip :後方回転
Bebop Drone leftflip :左回転
Bebop Drone rightflip :右回転
Bebop Drone noflip :何もしない
のなかからアクションを選びます。
Bebop Drone アクションが選ばれた状態(図の赤枠内)で、ボタンなどが表示されていない部分(図の例では黒い部分)をダブルタップすると、アクロバット飛行が発動します。

マップ表示/出発点に戻る

Bebop Droneの飛行中に、飛行位置をマップ上に表示することができます。
Bebop Drone Bebop Droneを操縦しているときに Bebop Drone mapmode をタップするたびに、図のようにマップ表示とカメラ映像が切り替わります。
出発地点には家のアイコンが表示されています。
出発点に戻る
Bebop Drone 屋外で、Bebop DroneがGPSの電波をとらえているときに「出発点に戻る」アイコンをタップするとBebop Droneが出発点に戻ってきます。 帰還途中は高度約10mを維持します。出発点に戻ると高度約2mでホバリングします。 もちろん帰還中にあなたがiPod/iPad/iPhoneを操作すると、Bebop Droneはそれに従います。
また、飛行中にiPod/iPad/iPhoneとBebop Droneの間の通信が途絶えた場合も、Bebop Droneは出発点に戻ってきます。 設定画面の「RETURN HOME」メニューで、通信が途絶えてから戻るまでの時間を指定できます。

フライトの記録を振り返る

PARROT CLOUDを使うと、後からBebop Droneのフライト(高度・速度)を振り返ることができます。 この方法はPARROT CLOUDの使い方のページで詳しく紹介しています。

初期化/リセット

Bebop Droneを工場出荷時の設定に初期化/リセットする方法は2つあります。
Bebop Drone ひとつはFreeFlight Proアプリを使う方法です。 Bebop Droneと接続中に、画面左上の Bebop Drone Setupをタップして設定画面を呼び出し、 画面右上の Bebop Drone Resetをタップすると工場出荷時の設定にリセットされます。
Bebop Drone もう一つの方法は電源ボタンを使います。 Bebop Droneが起動した状態で、電源ボタンを約10秒間長押しします。 LEDがグリーンとオレンジに交互に点灯したあとグリーンになって工場出荷時の設定にリセットされ、つづいて電源が切れます。
工場出荷時の設定にリセットされると、Bebop Droneに格納したビデオ・写真も削除されます。

ドローンのバッテリーを長持ち・復活させる

Bebop Droneなど市販ドローンに使われているバッテリは、iPod/iPad/iPhoneやノートパソコンと同様リチウムイオン(リチウムポリマー)バッテリです。 長持ちさせるにはちょっとした手間をかける必要があります。
  • Parrot Bebop 2 Drone

    Parrot 2015/12/14 67,500円

    高性能モーターと大型化したプロペラにより18秒で高度100mに到達。64.82km/hで飛行可能です。 またバッテリは従来の1,200 mAhから2,700 mAhに増量。これにより飛行時間が25分にまで拡大します。 その他の変更点はカメラのレンズカバーのデザイン程度。ビデオ撮影はこれまでどおり1080pで搭載メモリ容量も8GBのまま、操作もFreeFlight Proアプリを使います。

    (iPad/iPad mini/iPhone/iPod touch用)

    Amazon.co.jpで買う 楽天で買う アップルストアで買う

    商品バラエティ

    FPVセット
    FPVセット
    Amazon.co.jpで買う
    White
    White
    Amazon.co.jpで買う
    Red
    Red
    Amazon.co.jpで買う
    White w/Skycontroller
    White w/Skycontroller
    Amazon.co.jpで買う
    Red w/Skycontroller
    Red w/Skycontroller
    Amazon.co.jpで買う
    White
    White
    Amazon.co.jpで買う
    Red
    Red
    Amazon.co.jpで買う
    White w/Skycontroller
    White w/Skycontroller
    Amazon.co.jpで買う
    Red w/Skycontroller
    Red w/Skycontroller
    Amazon.co.jpで買う

  • Parrot BeBop Drone

    Bebop Drone

    Parrot 単体約70,900円/Extended Range Pack約130,900円

    レジャー用ドローンとして、かつてない性能を実現。グラスファイバーで補強されたABS製の超軽量なBebop Droneは丈夫で安全な設計です。 3軸加速度計、3軸ジャイロ、3軸磁力計、超音波高度センサー、圧力センサー、対地速度計測用の垂直カメラによるデータから機体を高度に制御。驚くべき飛行安定性を誇ります。 1400万画素の魚眼レンズカメラを搭載し、視野角180度の高品質画像を撮影します。 デジタルジンバルとも言える画像安定技術により、機体の振動や傾きに関係なく、水平を保ったブレのない映像が撮影できます。多くのアクションカメラには水 平線の歪みが見られますが、Parrot Bebop Droneはこの歪みもデジタル技術で補正します。 GPSシステムを内蔵。スマートフォンの画面の地図上で飛行ルートを設定するだけで、ドローンがそのとおりに飛行します。Glonass衛星 からのトラッキングとGNSSチップにより、誤差は+/- 2m。正確に位置を特定します。Parrot Cloudでは350回以上のフライトデータを記録。飛行した高度やスピード、さらに飛行軌跡を3Dで見ることができます。

    (iOS 7以降にアップデートしたiPad/iPad mini/iPhone/iPod touch用)

    Amazon.co.jpで買う 楽天で買う アップルストアで買う

    商品バラエティ

    ブルー
    ブルー
    Amazon.co.jpで買う
    レッド
    レッド
    Amazon.co.jpで買う
    イエロー
    イエロー
    Amazon.co.jpで買う
    w/SkyControllerブルー
    w/SkyControllerブルー
    Amazon.co.jpで買う
    w/SkyControllerレッド
    w/SkyControllerレッド
    Amazon.co.jpで買う
    w/SkyControllerイエロー
    w/SkyControllerイエロー
    Amazon.co.jpで買う
    Blue
    Blue
    Amazon.co.jpで買う
    Red
    Red
    Amazon.co.jpで買う
    Yellow
    Yellow
    Amazon.co.jpで買う
    w/SkyController
    w/SkyController
    Amazon.co.jpで買う
    w/SkyController
    w/SkyController
    Amazon.co.jpで買う
    w/SkyController
    w/SkyController
    Amazon.co.jpで買う

もっと Bebop Drone / AR.Drone のことを知りたい

アクセサリカタログ


アクセサリ今週の新製品

iPhone ケースカタログ


iPhone7 ケースカタログ

iPhone ケースカタログ


iPhone7 Plusケースカタログ

手軽にVR 3D立体視


Google CardboardV2 3Dメガネ

プラレール スマホで運転!


ダブルカメラ
ドクターイエロー

AppleWatch用アクセサリ


AppleWatch用アクセサリ

高速ドローン


BeBop Drone 2

高出力ACアダプタ


Anker PowerPort 10

あらゆるケースに対応


Twelve South HiRise Deluxe

Amazonから電子書籍


Kindle Paperwhite

Bose SoundSport wireless headphones